« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月20日 (火)

下見に行ってきました

先週、小旅行に行った帰りに浅草に寄ってきました。

Sh3h0075

Sh3h0078

俺、来年の2月にここ走るんだ~ 

2011年9月13日 (火)

(>。≪)イタイ 原因不明の激痛が・・・・

お久しぶりです。

実は、左肩甲骨内側激痛症? でブログも書けない状況でした。

3週間前の日曜日に突然左側肩甲骨の内側に激痛が・・・
その日の朝から左肩に違和感があったのですが、突然激痛とともに左腕の上腕三頭筋が波打つようにピクピク痙攣しているのです。

結局その日の夜は痛くてほとんど眠れず、朝になってもまだ痛い。肩から肩甲骨にかけて骨と筋肉と筋が混じり合うような場所、そこが「ズキ~ン!」と痛む。

前日の土曜日は息子とスポーツセンターで500mほど泳いだだけだし、夜の稽古(柔道)も軽く流した程度で、さほど体に負荷はかけていないのに・・・なぜ?

マッサージ器で30分程マッサージ、冷湿布をして様子をみたが効き目は全くなく、数年前に「五十肩」を患ったが、その痛みとは全く違う感覚。

いつまで経っても痛いので「これはヤバイ!」と思い、会社を休んで近くの整形外科へ。

痛い背中を我慢して診察を受け、レントゲンを撮った結果、「どこも異常ないですね」って簡単に言われしまった。痛風の発作がまれに肩にでる人がいるから血液検査してみますかって言うので、しぶしぶ血液検査と尿検査をした。

その日はそれだけで「数日後に血液検査の結果が判るので、もう1度来院てください」と言われて、とっとと帰されてしまった。

もちろん痛みは全然とれていない! その日も翌日も痛くて寝られない日々が続いく。

もうほとんど拷問に近い状態。 頭が変になりそう。

会社に行くも、仕事中も痛くてうずくまってしまうし、左手には力が入らず。肩甲骨の痛みとともに肩から腕にかけて鈍痛が走る。もう、いっそのこと左腕を切り落としたいという衝動にかかれる。この3日間はほとんど寝てないから思考回路がおかしくなっているのだろう。もう頭が本当に変になりそう!!!!

検査結果の確認に病院へ。痛みの原因がハッキリすれば治療の方法もあるはずと祈りつつ診察のときを待った。しかし、結果は「特に異常は無いが、尿酸値はボーダーラインを超えてはいないもののやや高めですね、尿酸値を下げる薬でも呑んでみますか・・・」と、しかし私は「エッ!!!!違うだろ~」と一瞬に思った。

痛風ということは尿酸結晶による関節炎。腫れて熱ももつし、ましてや風呂に入ったりしたら炎症が悪化するはず。この肩甲骨の痛みは多少ではあるが、風呂で温まると緩和されるのである。絶対に痛風ではないことは自分自身が一番分っている。

診察と検査で6000円も払って、こんなヤボな結論をだすとは・・・クソ~

もうあとはあの人にお願いするしか・・・・
病院から家への帰路の途中に携帯メールで「診察は何時までですか?」と

直ぐに返事があり、診察してくれるというので病院から直行。もちろん、車接骨院です。あれから2週間、いまでは心地良い眠りを迎えられるようになりました。

先生、ありがとうございます。

ちなみに、この激痛の原因は複数あるようです。前日の水泳(平泳ぎで肩甲骨の使い過ぎ)、枕の高さ、冷房による肩の冷え、素人治療によるマッサージ等・・・

季節の変わり目、みなさんも体調には気をつけましょう。 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック